上沢2敗目 ブランコに痛恨被弾「一番打たれてはいけない打者」

[ 2014年5月23日 22:24 ]

3回、DeNA・ブランコ(右)に3ランを浴びた日本ハム・上沢

交流戦 日本ハム0―5日本ハム

(5月23日 札幌D)
 日本ハムの上沢は0―0の3回に痛恨の一発を浴びた。2死無走者から石川、梶谷の連打で一、二塁と攻められ、ブランコに特大の3ランを左翼席に運ばれた。

 キャンプから好アピールを続けてきた20歳の右腕。4回も追加点を許すなど、5回4失点で2敗目を喫し「3回2死からつながれ、一番打たれてはいけない打者に本塁打を許したことが全て」と反省した。

 ▼栗山監督(井納に完封を許し)「相手がいくらいい投球をしても、何とかしないといけない。交流戦は接戦に持ち込まないと負ける」

 ▼日本ハム・厚沢投手コーチ(ブランコに先制3ランを許した上沢に)「ホームランバッターに投げる球にしては、ちょっと警戒心が薄れていたようにしか見えない」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月23日のニュース