ヤクルト 初回2発で4点先制、川端「いい角度」畠山「完璧でした」

[ 2014年5月23日 18:49 ]

<西・ヤ>1回1死一塁、右中間に先制2ランを放つ川端

交流戦 ヤクルト8―4西武

(5月23日 西武D)
 2連敗中のヤクルトは、初回の2本塁打でいきなり4点を先制した。まずは1死一塁から川端が6号2ラン。野上のスライダーを右翼席へ運び「思いきり引っ張りにいきました。打球にいい角度がついてくれました」と手応えを口にした。

 さらに2死三塁から畠山が左翼席中段への大きな一発。「ファーストストライクを一発で仕留めることができたし、当たりも完璧でした。納得できる打撃ができました」と胸を張った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月23日のニュース