立命、関学と優勝決定戦 関西学生リーグ

[ 2014年5月23日 16:15 ]

 関西学生野球リーグ最終節第4日は23日、わかさスタジアム京都で4回戦1試合が行われ、立命大が6―1で同大を下し、2勝1敗1分けで4つ目の勝ち点を得た。立命大は勝ち点と勝率で関学大と並び、27日に大津市の皇子山球場で優勝決定戦に臨む。

 同決定戦は2011年秋の同大―立命大以来。立命大は4季ぶりの、関学大は2季連続の優勝を目指す。

 立命大はエース桜井が8安打で完投し、打線も小刻みに得点した。

 リーグ戦は全日程が終了し、3位以下は関大、近大、同大、京大の順となった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月23日のニュース