松坂 好守に救われ併殺斬り「ぼくに関しては運があった」

[ 2014年5月23日 12:40 ]

ドジャース戦の8回に登板し、1回を1安打無失点のメッツ・松坂

ナ・リーグ メッツ5―3ドジャース

(5月22日 ニューヨーク)
 メッツの松坂は22日(日本時間23日)、ドジャース戦で4―3の8回に2番手で投げ、1回を1安打無失点、1三振だった。勝敗は付かず、防御率2・14。チームは5―3で勝った。

 松坂が4―3の8回を無失点でしのぎ、勝利に貢献。チームの連敗が3で止まり「良かった。ぼくに関しては運があった」とほっとした笑顔を浮かべた。

 1死走者なしからプイグに中越え二塁打を浴び、続くラミレスも左中間への強い当たりだったが、左翼手キャンベルがダイビングキャッチ。プイグは二塁に戻れず、併殺でピンチを切り抜けた。

 リードを守って抑え投手にバトンタッチ。「勝っている場面、1点勝負の中で投げさせてもらえるのはありがたい」とうなずいた。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月23日のニュース