カブレラ 7回途中まで力投、チームトップ5勝「バランス良かった」

[ 2014年5月23日 22:40 ]

<楽・中>力投を続ける中日先発のカブレラ
Photo By スポニチ

交流戦 中日5―1楽天

(5月23日 コボスタ)
 中日のカブレラが7回途中1失点の力投でチーム単独トップの5勝目を挙げた。自身の連敗も2で止め「ストライクをコースに投げることができた」と話した。

 高めへ抜ける球も目立ったが、角度と球威を生かして各打者を詰まらせた。初めてのマウンドという不安要素をはねのけた敵地での今季初白星に「自分なりの制球ができて、バランスも良かった」と冗舌だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月23日のニュース