青学 零敗に河原井監督「重症だね」、最下位決定戦へ切り替える

[ 2014年5月23日 16:23 ]

東都大学野球リーグ第7週 青学大0―4拓大

(5月23日 神宮)
 「重症だね」と青学大の河原井監督は苦笑いした。先発が小刻みに失点し、打線はいいところなく封じられた。「いろいろやっているが…。チャンスが逆にピンチになっている」と振り返った。中大との5、6位決定戦となった安田主将は「こうなったら切り替えてやるしかない。心の準備をしっかりしたい」と話した。

 ▼拓大・内田監督(1部昇格後、2季続けて勝ち点3)「選手が粘り強く戦った結果だが(駒大との)開幕戦に2完封負けなど、スタートでまだまだ戦う準備ができていない。投打のレベルアップが課題」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月23日のニュース