東芝 30―0!先発全員26安打、第1代表決定戦進出

[ 2014年5月23日 05:30 ]

都市対抗野球2次予選 西関東第1代表決定トーナメント準決勝 東芝30―0マルユウベースボールクラブ湘南

(5月22日 横浜)
 東芝は打線が毎回安打、毎回得点でマルユウベースボールクラブ湘南を30―0の大差で下し、第1代表決定戦進出を決めた。

 先発全員安打、全員打点となる26安打に、工藤賢二監督は「みんな上がってきている。きっちり初回から攻めていこうと言っていたので、良かったと思います」と振り返った。6月2日の三菱日立パワーシステムズ横浜との決定戦に向け「ようやくたどり着いた」と気合を入れていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月23日のニュース