拓大 1年・加藤、バント失敗から劇的サヨナラ打!

[ 2014年5月23日 05:30 ]

東都大学野球第7週第2日 拓大1―0青学大

(5月22日 神宮)
 拓大は0―0の9回無死二塁から、1年生の加藤が左中間にサヨナラ二塁打を放った。

 バントを失敗して追い込まれての一打に「バントができず、進塁打を打とうと思った。ヒットはたまたま」と苦笑い。藤井学園寒川(香川)では甲子園出場はなかったが20日の1回戦でリーグ戦初本塁打を放ち、この日は野球人生初のサヨナラ打。内田俊雄監督は「思い切りがいいのが頼り」と目を細めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月23日のニュース