セパ首位決戦!マエケン、エース対決に闘志「大事な試合」

[ 2014年5月23日 05:30 ]

練習開始前、明るい表情を見せる前田健(左)

交流戦 オリックス―広島

(5月23日 ほっと神戸)
 敵が大きければ大きいほどマエケンは燃える。チームの連敗ストップをかけ、23日のオリックス戦(ほっと神戸)に先発する広島・前田健が22日、同球場で最終調整し、エース対決への意気込みを語った。

 「(金子は)全部の球がいいし、制球もいい。難しい相手ですが、勝てればグッと流れも変わると思いますし“行ける”という空気も出てくる。そういう意味でも大事な試合だと思います」

 球団史上初めて首位で交流戦に突入したもののソフトバンクに連敗。2位・阪神に2ゲーム差に迫られた。今度の相手はパ・リーグ首位。難敵には間違いないが、投げ勝つことが、課された役割だとエースは自負する。「自分が踏ん張れば、投球でプレッシャーをかけられる」。打線の援護を信じ、自らはスコアボードに「0」を刻み続ける。プライドにかけても、先に点はやらない。

 過去、オリックスとは4度対戦し0勝3敗も「4回も投げましたっけ? 2回しか記憶にないな…」ととぼけてみせた。17日の巨人戦で打球を当てた右太もも内側についても「全然、大丈夫です」ときっぱり。全ての言い訳を排除して、マウンドへ向かう。

 最近3試合はすべて初回に失点しており、立ち上がりに集中し投球プランを構築していく。「ここ最近、自分の投球ができていませんが、連敗を止められるようにしたい」。ただの連敗ストップではない。首位独走のための土台をエースが築く。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月23日のニュース