ドジャース 耳かみ捕手の契約解除 “被害者”は全治1カ月以上

[ 2014年5月23日 10:54 ]

 米大リーグ、ドジャースは22日、傘下マイナーの3Aアルバカーキで同僚の左耳の一部をかみちぎった捕手オリボとの契約を解除した。

 20日の試合中にキューバ出身の内野手ゲレロとプレーをめぐって争い、全治1カ月以上のけがを負わせた。ドミニカ共和国出身で35歳のオリボは2002年に大リーグデビューし、145本塁打を記録。今季はメジャーで8試合に出場していた。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月23日のニュース