乱闘で耳かみちぎった捕手に出場停止処分 被害者は手術

[ 2014年5月23日 07:27 ]

 ドジャースは傘下3Aアルバカーキに所属する選手同士が20日の試合中に乱闘を起こしたことを受け、35歳の捕手オリボに出場停止処分を科した。

 連係プレーをめぐってもめ、内野手ゲレロの左耳の一部をかみちぎった。「被害者」のゲレロはキューバ出身で、昨秋に4年総額2800万ドル(約28億5600万円)の大型契約を結んだ期待の27歳。左耳の手術を受け、復帰までには5週間以上かかるという。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月23日のニュース