内川 右臀部痛悪化で途中交代「電気が走った感じ」

[ 2014年5月23日 23:20 ]

交流戦 ソフトバンク4―2阪神

(5月23日 ヤフオク)
 ソフトバンクの内川が、痛みを抱えていた右臀部付近の状態を悪化させて途中交代した。6回の三ゴロ(記録は失策)で表情をゆがめ「電気が走った感じ」と説明。今後については「あしたまで様子を見て。少しずつ力も入ってきているし、大丈夫だと思う」と話した。

 内川はここまで、3番打者として全試合に先発出場していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月23日のニュース