4連勝でハーラートップタイの井納 制球力向上が即結果に

[ 2014年5月23日 21:37 ]

<日・D>試合後、中畑監督とハイタッチする井納

交流戦 DeNA5―0日本ハム

(5月23日 札幌D)
 プロ初完封勝利を挙げたDeNAの井納は「ベース上でしっかり勝負できていることがいい調子で来ている理由」と自己分析した。

 140キロ中盤を悠々叩きだす球威ある直球を持ちながら、ルーキーイヤーの昨年と今年の序盤は制球難から崩れることも多かった井納。ここ4試合の四球は0、1、1、0個で6回3失点、6回3失点、8回1/3を1失点、9回零封。右肩上がりに調子を上げ4連勝中と、制球力の向上が結果に結びついている。

 「1年間やろうということで入った」という今季。チームは最下位に沈む中でハーラートップタイの7勝目と、2年目にして十分エースの働きを見せている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月23日のニュース