成瀬“Gキラー”6連勝!「絶対に勝つ」気迫で7回1失点

[ 2014年5月23日 22:17 ]

<ロ・巨>巨人打線を7回まで1点に抑えた成瀬

交流戦 ロッテ7―1巨人

(5月23日 QVCマリン)
 ロッテの先発・成瀬が7回5安打1失点で今季4勝目を飾った。巨人戦はこれで6連勝と“キラー”ぶりを発揮。お立ち台では「僕自身3連敗していたので、絶対に勝つんだという気持ちで投げました。チームに勢いがあるので、できるだけ最少失点で抑えれば援護してくれると思っていた」とうれしそうに話した。

 3回に1点を先制されたものの、追加点を許さなかった。5回には死球と村田の左越え二塁打で無死二、三塁のピンチを背負ったが、後続をしっかり打ち取った。

 3連敗中と苦しんでいた成瀬だが、4月25日の日本ハム戦(札幌D)以来、1カ月ぶりの白星。「これから、とんどん勝っていきたい」と声を張り上げた左腕エースに、伊東監督も「粘り強く、要所をしっかり抑えてくれた。本当に“らしい”ピッチングをしてくれた」と称えていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月23日のニュース