レンジャーズ フィルダーが今季絶望 痛めた首を手術へ

[ 2014年5月23日 09:44 ]

 米大リーグ、レンジャーズは22日、主砲のプリンス・フィルダー内野手(30)が椎間板を痛めている首の手術を27日に受ける予定だと発表した。一般的には回復するまでに3~4カ月かかるため、今季中の戦列復帰は絶望的になった。

 この日、フィルダーがテキサス州ダラスの病院で精密検査を受けて決まった。ダニエルズ・ゼネラルマネジャーは「今季は彼なしで戦うことになった。彼が健康な体を取り戻すことを願っている」と話した。

 フィルダーは昨オフにキンズラーとのトレードでタイガースから獲得した。ここまで42試合で打率2割4分7厘、3本塁打、16打点と不振に苦しんでいた。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月23日のニュース