橋本聖子新会長、議員辞職せず「IOCも国も認めていただいている」

[ 2021年2月18日 18:32 ]

東京五輪・パラリンピック組織委の新会長に就任し、記者会見に臨む橋本聖子氏(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日午後4時から理事会を開き、女性を巡る発言の責任を取って会長を辞任した森喜朗氏の後任として、橋本聖子氏を新会長に選出。橋本氏は午後6時から会見に臨んだ。

 五輪相は辞任した橋本会長だが、自民党の離党や議員辞職はどうするか問われると「スポーツの政策においては超党派で議論を重ねてきた。議員辞職をせずとも会長になることはIOC(国際オリンピック委員会)も国も認めていただいている。疑念もたれない行動を取っていくべき」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月18日のニュース