福原愛さん 生まれ変わっても「“愛ちゃん”になりたい」ワケ

[ 2021年2月18日 15:38 ]

福原愛さん
Photo By スポニチ

 卓球女子で12年ロンドン五輪団体銀メダル、16年リオデジャネイロ五輪団体銅メダルの福原愛さん(32)が18日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜後1・00)にゲスト出演。「生まれ変わっても“愛ちゃん”になりたい?」という質問に笑顔で「“愛ちゃん”になりたいと思います」と答えた。

 “泣き虫 愛ちゃん”として3歳の頃から国民に愛された福原さん。当時の映像に目を細め、「できない自分に悔しいという思いが強かったです」と回顧。「今でも初めてお会いする方にも『大きくなったわね!』って言われることはすごく多くて。皆さん、親戚のような感じです」と笑顔を見せた。

 毎日のように“愛ちゃん”がテレビに登場していた時代について「メディアの方がおうちに泊まり込んでということもありました」と福原さん。「縄跳びとか自転車とかすべてメディアの方が教えてくださって。補助輪付きの自転車を押してくださったり、遊び相手にもなってくださいました。小さい頃はカメラさんは肩からカメラが生えてるかと思ってました、ガンダムみたいな感じ。三脚の開け方とか、いろいろ教わっていました。たくさんいろいろなご縁をいただきました」と懐かしんだ。

 小学校時代も毎日4時間の練習をこなすなど、ハードな選手生活を送ってきた福原さん。MCの黒柳徹子(87)から「生まれ変わっても“愛ちゃん”になりたい?」と聞かれると「きょう、こうして徹子さんにお会いでいているのもそうですし、今まで3歳から卓球をやってきて、いただいたご縁なので、もし同じ方に出会えるのであれば、“愛ちゃん”になりたいと思います」とキッパリと前を向いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月18日のニュース