フーパー、クルーズにBスミス… ラグビーTL開幕戦で大物外国人選手がデビューへ

[ 2021年2月18日 14:23 ]

オンライン会見に応じたトヨタ自動車のマイケル・フーパー
Photo By スポニチ

 20日に開幕するラグビートップリーグ(TL)2021で、午後2時キックオフとなるパナソニック―リコー戦(東京・秩父宮ラグビー場)など4試合の両軍登録メンバー23人が18日、発表され、パナソニックは元日本代表のWTB福岡堅樹(28)らの先発が決まった。

 5季ぶりの王座奪還を狙うパナソニックは、新戦力の元イングランド代表ロック、ジョージ・クルーズ(30)と、元ウェールズ代表CTBハドレー・パークス(33)も揃って先発。北半球のトッププレーヤーたちの日本デビューに注目が集まる。

 愛知・パロマ瑞穂ラグビー場で東芝と対戦するトヨタ自動車は、新加入のオーストラリア代表主将、マイケル・フーパー(29)がリザーブに入った。共同主将で元ニュージーランド代表主将のキアラン・リード(35)が先発入りしており、出場枠の関係でベンチ待機となったが、開幕デビューの可能性が高まった。対する東芝は、日本代表主将のリーチ・マイケル(32)が6番で先発。リードやフーパーとのマッチアップが期待される。

 大阪・花園ラグビー場でNECと対戦する神戸製鋼は、元ニュージーランド代表のベン・スミス(34)が左ウイングで先発することが決まった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月18日のニュース