日本ハンドボールリーグ代表理事・葦原氏が抱負「世界最高峰目指す」

[ 2021年2月18日 05:30 ]

日本ハンドボールリーグの代表理事に就く葦原一正氏
Photo By 共同

 4月1日から一般社団法人で運営を始める日本ハンドボールリーグの代表理事に就く葦原一正氏(43)が17日、都内で会見し「よりビジネスとして発展する。極めて大きなポテンシャルを持っていると感じている。世界最高峰リーグを目指したい」と抱負を述べた。

 葦原氏はプロ野球オリックスやDeNAの運営に携わったほか、バスケットのBリーグでも初代事務局長を務めた。リーグの将来像については「プロ化が唯一の正解ではない」とし、時間をかけて検討する考えを示していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月18日のニュース