好調ジャズが9連勝 ここ21戦では驚異の20勝 76ersは連敗を3で阻止

[ 2021年2月18日 15:50 ]

クリッパーズ・ズバッツのシュートをブロックするジャズのゴベア(AP)
Photo By AP

 NBAは17日に各地で10試合を行い、西地区全体首位のジャズは敵地ロサンゼルス(カリフォルニア州)で同3位のクリッパーズを114―96(前半46―52)で下し、9連勝で24勝5敗。センターのルディー・ゴベア(28)が23得点、20リバウンド、ガードのドノバン・ミッチェル(24)が24得点と7リバウンド、7アシスト、4スティール、ベンチから出たジョーダン・クラークソン(28)が18得点を稼いでここ21戦で20勝目を挙げた。ジャズは2021年になって22勝3敗。猛烈な勢いで白星を量産し、西地区全体2位のレイカーズとのゲーム差は「2」となった。

 カワイ・レナード(29)、ポール・ジョージ(30)を故障で、ニコラス・バトゥーム(32)を脳振とうで欠いているクリッパーズは21勝9敗。離脱者続出の中で4連勝を飾っていたが、首位ジャズには通用しなかった。

 東地区全体首位の76ersは地元フィラデルフィア(ペンシルベニア州)でロケッツを118―113(前半69―43)で退けて19勝10敗。15日のジャズ戦で自己最多の42得点を挙げたベン・シモンズ(24)は体調不良で欠場したが、ジョエル・エンビード(26)が31得点、11リバウンド、9アシストを稼いでチームの連敗を3でくい止めた。

 15日にウィザーズに敗れていたロケッツは11勝17敗。ジョン・ウォール(30)が28得点を記録したもののチームは7連敗となった。

 西地区全体4位のトレイルブレイザーズは敵地ニューオーリンズ(ルイジアナ州)でペリカンズに126―124(前半59―69)で競り勝って18勝10敗。故障者続出で実働10人という中で戦っているが、デイミアン・リラード(30)が7本の3点シュートなどで43得点と16アシストをマークしてチームの6連勝に貢献した。

 <17日の結果>
*マジック(11勝18敗)107―89ニックス(14勝16敗)
ホークス(12勝16敗)122―114*セルティクス(14勝14敗)
*76ers(19勝10敗)118―113ロケッツ(11勝17敗)
*ウィザーズ(9勝17敗)130―128ナゲッツ(15勝13敗)
ペイサーズ(15勝14敗)134―128(延長)*ティンバーウルブス(7勝22敗)
*ブルズ(12勝15敗)105―102ピストンズ(8勝20敗)
トレイルブレイザーズ(18勝10敗)126―124*ペリカンズ(12勝16敗)
*グリズリーズ(12勝12敗)122―113サンダー(11勝17敗)
ジャズ(24勝5敗)114―96*クリッパーズ(21勝9敗)
*ウォリアーズ(12勝12敗)120―112(延長)ヒート(11勝17敗)
 *はホームチーム

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月18日のニュース