橋本聖子新会長 森前会長は「大変特別な存在」 来週にも引き継ぎへ「経験と実績で助言を」

[ 2021年2月18日 18:36 ]

東京五輪・パラリンピック組織委の新会長に就任し、記者会見する橋本聖子氏(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日午後4時から理事会を開き、女性を巡る発言の責任を取って会長を辞任した森喜朗氏の後任として、橋本聖子氏を新会長に選出。橋本氏は午後6時から会見に臨んだ。

 橋本氏は森前会長について「政治の師でもある森先生は大変特別な存在。辞任は真摯に受け止めて、私自身は問題解決のために努力しないといけないと思っている」と語った。

 来週にも森会長から引き継ぎを受けるとい「(森前会長は)ラグビーW杯や五輪招致活動などスポーツ界にご尽力いただいた。経験と実績はアドバイスを頂かなければいけない。正していくものと継承するもの色々あるが、しっかりと区別したい」と話していた。
 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月18日のニュース