橋本聖子氏、午後6時から新会長就任会見へ 理事会で正式決定後に

[ 2021年2月18日 15:33 ]

橋本聖子氏
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、午後4時からこの日2回目の理事会を開催し、同6時から会見を予定していると発表した。理事会では既に辞職した森喜朗前会長(83)の後任として、橋本聖子五輪相(56)が選出される。会見では橋本氏を次期会長候補者に推薦した「候補者検討委員会」で座長を務めた組織委の御手洗冨士夫名誉会長が経緯を説明。その後、午後6時半頃から橋本新会長が会見する予定。

 この日は午前に都内で3回目の「候補者検討委員会」が開かれ、橋本氏を候補に推薦。その後の理事会では橋本氏を新会長候補として承認し、新理事として評議員会に諮ることを決めた。橋本氏は首相官邸で菅義偉首相と面会後、評議員会で理事に選任されたことを明かした。組織委入りして理事会に参加する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月18日のニュース