大坂なおみ S・ウィリアムズ撃破し決勝進出!2年ぶりVに王手

[ 2021年2月18日 13:31 ]

テニス全豪オープン第11日 ( 2021年2月18日    オーストラリア・メルボルンパーク )

<全豪オープン第11日>女子シングルス準決勝でバックハンドストロークを放つ大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 女子シングルス準決勝で世界ランキング3位の第3シード大坂なおみ(23=日清食品)は、同11位で4大大会歴代最多24度の優勝まであと「1」としているセリーナ・ウィリアムズ(39=米国)と対戦。6―3、6―4でストレート勝ちし、優勝した19年以来2年ぶりの決勝進出を果たした。決勝では、同24位で第22シードのジェニファー・ブレイディ(25=米国)―同27位で第25シードのカロリーナ・ムチョバ(24=チェコ)の勝者と対決する。

 第1セットは、第1ゲームをいきなりブレークされた。だが、第4ゲームでブレークバックし、第6ゲームでもブレークに成功。その後、サービスゲームをしっかりとキープし、第1セットを6―3で先取した。

 第2セットは、第1ゲームでブレーク。以降は、互いにサービスゲームをキープし合ったが、第8ゲームでブレークを許しゲームカウント4―4となった。それでも第9ゲームでブレークバック。続く第10ゲームをキープし、このセットを6―4で奪って勝利した。

 セリーナとは、グランドスラム初優勝を飾った18年全米オープン決勝以来の対戦で、この日の勝利で通算3勝1敗となった。昨夏の全米オープン前哨戦から続く自己最多の連勝は21に伸び、19年全豪、18、20年の全米に続く4大大会制覇まであと1勝とした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月18日のニュース