日本ラグビー協会理事会、森元会長の失言意識「多様性前提とした議論を」

[ 2021年2月18日 05:30 ]

日本ラグビー協会の森重隆会長
Photo By スポニチ

 日本ラグビー協会は17日にオンラインで理事会を開いた。森重隆会長は、元会長で東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長職を辞任した森喜朗氏を意識してあいさつ。

 ラグビー界への「大いなるご尽力に敬意を表する」とした一方で「多様性を前提とした活発な議論を行う」などとしたという。森氏はラグビー協会を引き合いに「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかる」などと発言していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月18日のニュース