太陽誘電一発攻勢で2連勝 日本代表のムードメーカー原田のどかが決勝ソロ

[ 2020年9月12日 17:41 ]

日本女子ソフトボールリーグ1部第6節第1日   太陽誘電6―4伊予銀行 ( 2020年9月12日    群馬県・高崎市ソフトボール場 )

 太陽誘電が一発攻勢で逆転勝ちした。4点差を追いついて迎えた5回1死。東京五輪の日本代表候補、原田のどか外野手(29)が勝ち越しの決勝ソロを左越えに放り込んだ。

 内角直球を完璧にとらえ、打った瞬間にソレと分かる一撃でチームを2連勝に導き「同点で迎えた打席。自分のスイングをしようと思って打席に立った。いい結果になってくれた」と喜んだ。

 強肩・強打に加え、日本代表でもムードメーカーを務める明るい性格の主砲に今季1号が飛び出た。藤田倭、佐藤みなみにも本塁打が出て、打撃陣好調のまま、13日に強敵ビックカメラ高崎と対戦する。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月12日のニュース