渋野、スマイル戻った4差発進!“お菓子”忘れるほど集中、2日目も「しっかりアンダーで」

[ 2020年9月12日 04:30 ]

米女子ゴルフツアーANAインスピレーション 第1日 ( 2020年9月10日    カリフォルニア州 ミッションヒルズCC=6865ヤード、パー72 )

第1ラウンド、9番でバーディーを決め、笑顔でホールアウトする渋野日向子
Photo By 共同

 海外メジャーの今季第2戦が開幕し、米国で初の試合となった渋野日向子(21=サントリー)が4バーディー、2ボギーの70で回り、畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)とともに19位の好スタートを切った。首位とは4打差。前年女王として臨んだメジャー初戦のAIG全英女子オープンでの予選落ち。今大会までの2週間の調整期間での「心・技・体」の充実が、今季4戦目で初のアンダーパーにつながった。

 渋野が今季7ラウンド目で、初めてアンダーパーをマークした。6月の国内開幕から苦しんだ約3カ月を経て「吹っ切れた」という21歳。「ほんとに今年一番のゴルフができた。最後まで粘れて、2アンダーで回れたのはうれしかった」。スコアだけでなく、笑顔も復活させた。

 砂漠地帯に位置するミッションヒルズCC。晴天の下、10番パー4から出ると第2打をピン右2メートルに寄せ、初めて試合で実践したクロスハンドで沈める。続く11番でも伸ばし、連続バーディーと絶好の出だしになった。ただ、12番で深いラフにつかまりボギーを叩くと、そこからは7ホール連続のパー。持参した「じゃがりこ」とあめの存在を忘れるほどに集中し、「嫌いな我慢のゴルフだったので、凄い集中してやってたのかな。お菓子に手をつける余裕がなかったです」と苦笑い。6ホールでパーオンを逃しながらも、アンダーパーをマークする粘り強さも戻ってきた。

 ここまで3試合は一度も決勝に進めていない。全英女子で予選落ちした翌日に、パターのグリップを順手からクロスハンドに変えた。右手を上にすることで利き手の動きが抑えられ、「パンチが入っていた」というストロークが安定。28パットと、速いグリーンに対応できた。8番では7メートルを沈めてパーをセーブ。「今までだったら入っていない」と振り返った。

 心身もリフレッシュした。ロサンゼルス近郊で毎日18ホールをラウンド。自分のゴルフに向き合う貴重な時間になった。「攻めの気持ちを忘れていた。ピンを狙って、しっかり振り切る」。渡米前は険しい表情で「怖がって振れない」と話していたが「全英と全然違う気持ちで臨めている。久しぶりにイメージ通りのショットが打てた」と晴れやかな表情に変わった。

 首位とは4打差と、十分戦える位置につけた。第2ラウンドは気温が上がる午後スタート。「水分補給も、塩分補給もしっかりして。頭も回転させながら、しっかりアンダーで回れるように頑張る」と力強く、そして笑顔で話した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月12日のニュース