大坂の恋人YBNコーデー、抗議の黒パーカで観戦「文化を超えて肌の黒い人々が最も苦しむのはなぜ?」

[ 2020年9月12日 05:30 ]

テニス全米オープン第11日 ( 2020年9月10日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

フィランド・キャスティルさんの名前の入った黒マスクを着用した大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 女子シングルス準決勝で世界ランキング9位の第4シード、大坂なおみ(22=日清食品)は同41位の第28シード、ジェニファー・ブレイディ(25=米国)に7―6、3―6、6―3で勝った。

 スタンドには大坂と交際中のラッパー、YBNコーデー(23)の姿があった。「Across cultures darker people suffer most, why?(文化を超えて肌の黒い人々が最も苦しむのはなぜ?)」と記された黒いパーカを着用。黒人被害者の名前入りのマスク姿で入場する大坂と同様に、人種差別に抗議を示した。

 7月にはケンタッキー州で抗議活動中に警察に拘束され、大坂がツイッターに「警官はただ抗議活動をしているだけの人々を逮捕している。クレージーよ」と投稿。世界が注目する舞台でも2人の絆を印象づけた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月12日のニュース