奈紗、ショット好調、上々19位発進もパットでミス「もう少し決められたらよかった」

[ 2020年9月12日 04:30 ]

米女子ゴルフツアーANAインスピレーション 第1日 ( 2020年9月10日    カリフォルニア州 ミッションヒルズCC=6865ヤード、パー72 )

第1ラウンド、17番でティーショットを放つ畑岡奈紗
Photo By 共同

 海外メジャーの今季第2戦が開幕。畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)は19位と好スタートを切った。

 2アンダーと上々のスタートを切った畑岡だが、チャンスを生かし切れなかった。バーディーは「大きなミスなくできたが、もう少しパットを決められたらよかった」と悔しそうだった。2、3番で1・5メートルを逃すと9番も3メートルのパットを決められず、18番は上からの4メートルがわずかにそれ、太腿を叩き、ため息をついた。ショットの好調は自覚しており「あとはパット」と浮上を期した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月12日のニュース