敏京、最終18番で悪夢「9」…悔しさにじませ「リベンジする」

[ 2020年9月12日 04:30 ]

米女子ゴルフツアーANAインスピレーション 第1日 ( 2020年9月10日    カリフォルニア州 ミッションヒルズCC=6865ヤード、パー72 )

第1ラウンド、12番でティーショットを放つ野村敏京
Photo By 共同

 野村は2アンダーで迎えた最終18番パー5で悪夢が待っていた。池に2度落として痛恨の「9」。この日は74に終わり「全体的にゴルフは悪くなかった。(18番の3打目は)ラフが長くてフルショットしたが、距離が足らず池に入った」と悔しさをにじませた。

 一時は3アンダーとするなど好調だっただけに「もう終わったので考えてもイライラするだけ。明日リベンジする」と切り替えていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月12日のニュース