国枝&上地、ストレート勝利で準決勝進出 

[ 2020年9月12日 05:30 ]

テニス全米オープン第11日 ( 2020年9月10日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

 車いすの部がスタートし、男子シングルス1回戦で15年大会以来の優勝を目指す第1シードの国枝慎吾(36=ユニクロ)はニコラ・パイファー(29=フランス)を6―3、6―2で退けて4強入り。「久しぶりの試合で、最初は適応するのが難しかった。試合が進むにつれ、プレーは良くなった」と振り返った。

 女子シングルス1回戦では3年ぶりの優勝を狙う第2シードの上地結衣(26=三井住友銀行)が4大大会初出場の大谷桃子(25=かんぽ生命)を6―2、7―6で下し、準決勝に駒を進めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月12日のニュース