大坂、質の高い試合に「とてもうれしい」 決勝戦は「タフになることは間違いない」

[ 2020年9月12日 05:30 ]

テニス全米オープン第11日 ( 2020年9月10日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

決勝進出を決めた大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 女子シングルス準決勝で世界ランキング9位の第4シード、大坂なおみ(22=日清食品)は同41位の第28シード、ジェニファー・ブレイディ(25=米国)に7―6、3―6、6―3で勝った。優勝した18年以来、2年ぶりの決勝進出。4大大会3勝目を懸けた決勝は12日(日本時間13日午前5時)、元世界1位のビクトリア・アザレンカ(31=ベラルーシ)と対戦する。

 【大坂に聞く】
 ――質の高い試合だった。
 「そういう試合ができたと思う。興奮はしていないが、とてもうれしい」

 ――最終ゲームはトスが定まらなかった。
 「人生に1回しかないような機会だと感じて、ナーバスになってしまった。考え過ぎずに、1ポイントずつ取っていこうと自分に言い聞かせた」

 ――決勝で対戦するアザレンカの印象は?
 「とても自信を持っていると思う。動きがいい。タフになることは間違いない」

 ――決勝へ向けて準備は?
 「4大大会の間はよく眠れない。目を開けた状態で横になると思うけど、睡眠を心掛けたい。試合のない日は、以前のグランドスラムと比べて練習量は少ないので、リラックスしたい」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月12日のニュース