アザレンカ、7年ぶり決勝進出 大坂との決勝戦「ワクワクしている。素晴らしい試合になる」

[ 2020年9月12日 05:30 ]

テニス全米オープン第11日 ( 2020年9月10日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

7年ぶりに決勝進出を決めたアザレンカ(AP)
Photo By AP

 31歳のアザレンカは難敵を撃破して7年ぶりの決勝進出を決めた。12、13年の決勝でも敗れるなど過去4勝18敗だったS・ウィリアムズに4大大会では11度目の対戦で初勝利。「今大会は本当に楽しめているし、充実している」。

 出産後の18年からプレーを再開し、大坂が決勝を棄権した今大会前哨戦のウエスタン・アンド・サザン・オープンで復帰後初優勝。波に乗る元世界1位は決勝に向け「ワクワクしている。大坂のパワーは強力だし、素晴らしい試合になる」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月12日のニュース