スケボー白井、手術経て復帰 2月中旬に左膝の前十字じん帯断裂

[ 2020年9月12日 05:30 ]

東京五輪へ再スタートし、取材に応じる白井空良
Photo By スポニチ

 スケートボード男子ストリートで世界ランキング4位の白井空良(18=ムラサキスポーツ)が11日、神奈川県相模原市内で取材に応じた。2月中旬に左膝の前十字じん帯を断裂し、五輪延期を受けて4月に手術を決断。長いリハビリ期間を経て今月に復帰し、「やっぱり自分にはスケボーしかないって思いました」と笑顔を見せた。

 負傷により「自分が体のケアとか全然できていなかったことに気付けた」といい、現在はトレーナーの指導を受けて体づくりに努めている。「ケガをする前より万全な状態で五輪に挑める」と見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月12日のニュース