室伏広治氏、2代目スポーツ庁長官に就任「ハンマーよりも責任重い」

[ 2020年9月12日 05:30 ]

スポーツ庁長官就任内定の発表を受けて、取材に応じる室伏広治氏(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 文部科学省は11日、スポーツ庁長官に2004年アテネ五輪の陸上男子ハンマー投げ金メダリスト室伏広治氏(45)が10月1日付で就任すると発表した。任期満了により9月末で退任する鈴木大地初代長官(53)の後任。新型コロナウイルスの影響で来年に延期された東京五輪・パラリンピックを控える日本のスポーツ行政を担う新たなトップとなる。

 日本スポーツ界の“顔”となる室伏氏は会見し、晴れやかな表情で所信表明を行った。「心身ともに健全に、心と体を寄せていきたい。感動していただけるようなスポーツ界にしていきたい」。東京五輪・パラリンピック組織委員会のスポーツディレクター、日本オリンピック委員会(JOC)と日本陸連の理事などの役職は「退くという認識で結構です」とし、スポーツ庁長官に専念する。

 室伏氏には、1年延期となった夢舞台を「オリンピアンの長官で迎えるべきだ」との周囲からの意見が根強くあった。東京五輪・パラリンピックには招致段階から関わり、組織委では準備状況を把握。国内外のスポーツ団体に幅広い人脈を持っていることも強みになっている。

 88年ソウル五輪の競泳男子100メートル背泳ぎを制した鈴木大地氏からつながった金メダリストのバトン。就任を決断した理由について「私もスポーツ界に育ててもらった。さまざまな観点でまだ社会の役に立てることがあるのであれば、素晴らしい仕事だと思った」と説明した。

 スポーツ庁最大の使命は、国民の運動実施率向上や不祥事の続く競技団体の運営改善など、地味ながらスポーツそのものの価値を高めることにある。現役時代に操ったハンマーの重さは7・26キロ。長官が担う責任について「(7キロよりも)はるかに重いとは思います」と笑い「皆さんの力を借りながらやっていきたい」と続けた。世界を制した鉄人が、日本のスポーツ界をけん引する。

 ◆室伏 広治(むろふし・こうじ)1974年(昭49)10月8日生まれ、静岡県沼津市出身の45歳。90年に千葉・成田高で本格的にハンマー投げを始める。陸上男子ハンマー投げの日本記録保持者。五輪に4大会連続出場し、04年アテネで金メダル、12年ロンドンで銅メダル。日本選手権は95年から14年まで大会史上最長の20連覇。1メートル87、99キロ。血液型A。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月12日のニュース