“うたしん”が笑顔舞い 吉田「レベルアップした私たちを見せることができれば」

[ 2020年9月12日 20:36 ]

フィギュアスケート・ドリーム・オン・アイス第1日 ( 2020年9月12日    KOSE新横浜スケートセンター )

フィギュアスケート「ドリーム・オン・アイス」でリズムダンスを披露する吉田唄菜、西山真瑚組(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 アイスダンスの吉田唄菜(17=岡山SC)西山真瑚(18=早大)組が、昨季から継続するリズムダンス(RD)の「A Chorus Line」を披露した。

 唄菜(うたな)と真瑚(しんご)から“うたしん”の愛称で呼ばれるカップル。笑顔で息の合ったスケーティングを見せた。吉田が「去年と同じプログラムなので、去年より少しでもレベルアップした私たちを見せることができれば」と言えば、西山も「昨季よりレベルアップした姿を見せられるように」と意気込んでいた。

 「ドリーム・オン・アイス」は7月に予定していたものの、新型コロナウイルスの影響で開催を見送っていた。新シーズンを前に演技を披露する場が失われたスケーターのため、無観客など最大限の感染防止策を講じた上で開催。13日はフリーダンスを演技する。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月12日のニュース