“クラスター発生”玉ノ井部屋、新型コロナ感染の力士19人全員が入院 

[ 2020年9月12日 05:30 ]

玉ノ井部屋(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 芝田山広報部長は、新型コロナウイルスの感染が確認された玉ノ井部屋の力士19人全員が11日までに医療機関に入院したことを明かした。

 同部長は「陽性となった力士は、1カ所ではなく振り分けられて病院に入った」と説明した。また、部屋の力士28人全員とともに秋場所を全休する師匠の玉ノ井親方(元大関・栃東)に代わり、若藤親方(元幕内・皇司)が勝負審判を務めることが分かった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月12日のニュース