鈴木大地長官、後任の室伏氏に「これ以上ない人選」 2代続けて五輪金メダリスト

[ 2020年9月12日 05:30 ]

鈴木大地スポーツ庁長官
Photo By スポニチ

 文部科学省は11日、スポーツ庁長官に2004年アテネ五輪の陸上男子ハンマー投げ金メダリスト室伏広治氏(45)が10月1日付で就任すると発表した。任期満了により9月末で退任する鈴木大地初代長官(53)の後任。新型コロナウイルスの影響で来年に延期された東京五輪・パラリンピックを控える日本のスポーツ行政を担う新たなトップとなる。

 鈴木長官は報道陣の取材に応じ「東京大会を迎えるに当たり、これ以上ない素晴らしい人選。新型コロナウイルスの時代でもスポーツの価値が向上するように、頑張ってもらいたい」と室伏氏にエールを送った。同じ五輪金メダリストで「金メダリストということは一度後ろに回してもらえれば」と語り、肩書にとらわれないように助言した。東京大会が1年延期となり「見届けられなかったことは悔いが残る」とも話した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月12日のニュース