大坂、全米オープン2年ぶりV王手!2時間8分フルセット、勝敗を分けた“凡ミスの差”

[ 2020年9月12日 05:30 ]

テニス全米オープン第11日 ( 2020年9月10日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

決勝進出を決めた大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 女子シングルス準決勝で世界ランキング9位の第4シード、大坂なおみ(22=日清食品)は同41位の第28シード、ジェニファー・ブレイディ(25=米国)に7―6、3―6、6―3で勝った。優勝した18年以来、2年ぶりの決勝進出。4大大会3勝目を懸けた決勝は12日(日本時間13日午前5時)、元世界1位のビクトリア・アザレンカ(31=ベラルーシ)と対戦する。

 ブレークは両選手ともに1回だけ、ウィナーの数も35本ずつで互角だった。勝負を分けたのは凡ミスの数。大坂は相手の25に対して17本に抑え、2時間8分の熱戦を制した。優勝した18年以来2年ぶりの決勝進出。「彼女のレベルが全く落ちなくて、ほとんどチャンスがない感じだった」という厳しい展開の中でも「大会の終盤で相手のプレーの質が高く、楽しかった」と4大大会独特の雰囲気を楽しむ余裕があった。

 18年全米、19年全豪に続く、4大大会3勝目まで、あと1勝。2年前の優勝を回想し「当時とは心構えがかなり違う。多くの浮き沈みを経験してさまざまなことを学んだ。精神的に強くなった」と強調した。決勝で激突するアザレンカには過去2勝1敗。前哨戦の決勝で対戦予定だったが、左太腿負傷で棄権したため実現しなかった。「まだ目標は達成していない。輝くトロフィーを手にしたい。(決勝で)何が起きるか楽しみ」。勢いで頂点に上り詰めた過去2度のグランドスラムとは違う。地に足をつけてタイトルを奪いにいく。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月12日のニュース