時津風親方、新型コロナウイルス対策のガイドライン違反で謹慎…関係者のパーティー参加

[ 2020年9月12日 05:30 ]

時津風親方
Photo By スポニチ

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は11日、時津風親方(元幕内・時津海)が新型コロナウイルス対策のガイドラインに違反したため、秋場所を謹慎すると発表した。同部長は調査中として詳細な説明を控え「協会は厳しく感染予防に取り組んでいる。師匠という立場にあって、勝手な行動をされると感染予防にならない」と批判した。

 関係者によると、不要不急の外出が禁止となった番付発表当日の8月31日、福岡県を訪れて関係者のパーティーなどに参加していたことが発覚したという。今後、コンプライアンス委員会などで調査を行い、理事会で正式処分を協議する。時津風部屋の師匠代行は枝川親方(元幕内・蒼樹山)が務める。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月12日のニュース