【羽生結弦の会見、一問一答】「弱い自分を見せたくない。強くありたい」

[ 2019年11月22日 21:50 ]

<NHK杯初日>男子SP、演技をする羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートGPシリーズ第6戦・NHK杯第1日 ( 2019年11月22日 札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナ )

 男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(24=ANA)が109・34点を出し、首位発進をした。ミックスゾーン後の記者会見の対応は以下の通り。
 
――きょうの感想とフリーへの意気込み

 「きょうはありがとうございました。(カメラマンがポジションを取るために移動しているのを見て)ちょっと待った方がいいですかね。大丈夫ですか?

 きょうは、及第点を出せるデキだと思っています。ベストだとは言い難いですけど、きょうの演技を糧に、またしっかり練習をして、次の試合ではいいショート(SP)をしたいなという風に思いました。明日は明日で別の演技ですし、また違う日なので、違う集中の仕方をして、健康で、最後まで滑り切れるように頑張りたいと思います」

 ――世界最高の更新を期待された。フリーで自身が満足する演技をするためには何が大事か

 「特に何か変わったことをするつもりはないです。ただ、淡々と自分のやるべきことを、やりたいことを、常に見つけながら集中したいと思っています。世界最高得点についていっぱい言われますけど、特に今は意識するものではないとすごく考えていますし、きょうの演技を終えて改めてそう感じたので、このNHK杯というものをしっかりやりきって、その中で明日は明日のフリーがあるので、最後まで気持ち良く滑れるようにしっかり準備をしていきたいです」

 ――ロシアがスケートの原点と言っていた理由は何か

 「えっとー、何でですかね。分からないです。ただ、僕がスケートを始めて、3つめのプログラムが“ロシアより愛を込めて”というタイトルが付いたプログラムで、都築先生が名前を付けたんですけど、ぼくの恩師である都築先生がロシアで勉強をしてきて、それで日本でフィギュアスケートのコーチングの礎を築いてきたというのがもちろんあります。それに僕自身、ロシアのスケートが好きで、表現の仕方とか、スケートの姿勢とか、スケートに対するストイックな姿勢がすごくかっこいいなと思っています。できれば、ロシア人のコーチの人にも習ってみたいなと思っていますし、隣にいるセルゲイ(ボロノフ)にもいろんなことを習ってみたいです」

 ――演技後の拍手は誰に、何に対してか、胸を叩くポーズの意味は

 「まず、天を仰いだのはとりあえず良かった、ホッとしたという気持ちでいたのと、拍手は“パリの散歩道”、いつからか明確でないですけど、SPでいい演技をしたら拍手をすると決めていたので、それで拍手をしました。胸に手を当てたのは、とりあえずみなさんの応援を心で受け止め切れたよ、と自分自身に言い聞かせるというか、そういう感じでやっていました」

 ――緊張したと言っていたが、演技中は何を考えていたか

 「曲をすごく感じようと思っていました。どんなに緊張しても、どんなに会場が変わっても、曲だけは変わらないと思っていたので、曲に感情をもらって、いいイメージを持ちながら演技をしていました。やっぱり、曲に感情を入れすぎるとジャンプを飛ぶのが難しいですね、僕の場合は。曲に、ジャンプのテンポを合わせすぎちゃうから、それだと曲のテンポになってしまうので、そこが難しいところなんですけど、ただ、僕のフィギュアスケートはそういうとこが一番大事なところだと思っているので、そこができてこそ、僕は“羽生結弦”と言えると思うので、それを改めて感じながら…。緊張したからこそ、より曲を感じたというのはありますけど、曲を感じながらジャンプをするということの気持ちよさを改めて感じました」

 ――本番の緊張感に負けたと言っていた。ファンの方は羽生選手は強いなというイメージがあると思うが、強い自分を作り上げているのか、それとも自然に出てくるのか

 「自分の中で明確なものはないです。僕も人間なので、弱いときはすごく弱いです。ただ、強い自分をみなさんが印象を強く持っていてくださることで、僕も常に強くないといけないと思っています。それは、ファンのみなさんや、スケートを見に来てくださる方が、“羽生結弦はこうだよね”っていうのを期待してくださるからこそ強くありたいと思いますし、それが時にはプレッシャーになって、弱い自分が露呈してしまうきっかけにもなることがあるんですけど、でも、そのプレッシャーがあるから強くありたいと思うんですよね。多分、人より人の何倍もプレッシャーを抱えていますし、僕自身、みなさんに強いと思われているからこそ、自分はすごく弱いと思ってしまうんですけど、だから、なんて言うんですかね、弱い自分を見せたくないなとすごく思っています。強くありたいとすごく思っています」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月22日のニュース