阿部詩、史上最速五輪内定へ闘志 Vなら決定的「しっかり結果を求めたい」

[ 2019年11月22日 05:30 ]

調整する阿部詩(左)
Photo By 共同

 22日に開幕する柔道のグランドスラム(GS)大阪大会(丸善インテックアリーナ大阪)に出場する女子52キロ級世界女王の阿部詩(日体大)が21日、本番会場で最終調整を行い「覚悟を決めて臨む。簡単な試合はないが、しっかり結果を求めたい」と語った。

 全日本柔道連盟の内規により、優勝してその後の強化委員会で出席者の3分の2以上の賛成票を得れば、五輪代表に内定する。阿部は世界選手権2連覇中で、2番手で追う志々目愛(了徳寺大職)を実績面でリード。優勝すれば柔道では史上最速内定が決定的。

 「人生全てを懸ける思いで五輪に挑みたい」と話し、男子66キロ級の兄・一二三(日体大)との兄妹Vにも「“どうだ見たか”と周りにアピールできたらいい」と強い決意を示した。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月22日のニュース