赤井ジュニア、英五郎が五輪選考会初戦突破 父・英和「僕よりも素晴らしいセンス」

[ 2019年11月22日 05:30 ]

父親で俳優の英和さん(左)とポーズをとる赤井英五郎
Photo By 共同

 ボクシング男子の東京五輪予選代表選考会を兼ねた全日本選手権が21日、鹿児島県の阿久根市総合体育館で開幕し、俳優の赤井英和の長男、赤井英五郎(赤井組)が東京五輪のミドル級に当たる75キロ級で初戦を突破した。

 「父は舞台のセリフを覚えるのにピリピリしていると思うので、負担をかけないようにしようと思った」と笑った。元プロボクサーで「浪速のロッキー」と呼ばれた父は「僕よりも素晴らしいセンスがある。五輪に向け一歩一歩歩んでもらいたい」とエールを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月22日のニュース