朝乃山、痛恨3敗目「相手の攻めが速かった。悔しい」

[ 2019年11月22日 05:30 ]

大相撲九州場所12日目   ●朝乃山―御嶽海〇 ( 2019年11月21日    福岡国際センター )

貴景勝(右)は突き落としで竜電に敗れる(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 白鵬を1差で追う新小結・朝乃山が痛恨の黒星を喫した。立ち合いで左上手を取ったが、御嶽海にもろ差しを許して攻め込まれ、土俵際で粘ったが力尽きた。3敗目に「自分の攻めより相手の攻めが速かった。悔しい」と唇をかんだ。

 3敗の貴景勝は竜電の注文相撲でバッタリ。力強い相撲でトップを追いかけたが、過去2戦2勝の格下に不覚を取った。それでも「しっかり踏み込めたと思う」とプラス面を強調した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月22日のニュース