今平、得意舞台でノーボギー2位発進 松山に「少しでもついていく」

[ 2019年11月22日 05:30 ]

男子ゴルフツアー ダンロップ・フェニックス第1日 ( 2019年11月21日    宮崎県フェニックスCC=7027ヤード、パー71 )

スタート前に握手する今平(左)と松山(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 賞金ランク1位の今平がボギーなしの6バーディー、65で2位につけた。前半は2アンダーで折り返し、アウトの後半は8番で5メートルを決めるなどさらに4つ伸ばした。

 松山と同組で「同じようなショットは打てないが、少しでもついていけるように」と必死に食らいついて好発進。過去6年で4度トップ10の相性の良さについて「ティーショットが打ちやすいし、グリーンも読みやすい」と分析していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月22日のニュース