山下真瑚は今季自己ベストで5位発進「すごく高い点数」

[ 2019年11月22日 19:13 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第6戦・NHK杯第1日 ( 2019年11月22日    札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナ )

<NHK杯初日>女子SP、演技をする山下真瑚(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子ショートプログラム(SP)で山下真瑚(中京大中京高)は、今季自己ベストの65・70点で8位発進となった。

 冒頭のルッツートーループの連続3回転を決め、大きなミスなく演技を完遂。キス&クライで山田満知子コーチに頬ずりされると、笑顔が弾けた。「すごく高い点数を出してもらえた。応援してくださった方や先生方に感謝です」と言う16歳は、表彰台を狙える位置で23日のフリーに挑む。「気を抜かずに練習してきたことを出せればいい」と静かに意気込んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月22日のニュース