羽生、ぶれず迷わず頂点へ「自分の道を突き進んでいいんだ」

[ 2019年11月22日 05:30 ]

フィギュアスケート NHK杯 ( 2019年11月22日    札幌市・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ )

リンクの上で考える羽生(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

――今回、演技のテーマは?

「この間とあまり変わらない。自分がやってきたことが自信になったということは、自分の道を突き進んでいいんだっていうようなことだ、と思っている」

――今季ケガをしないためにやっていることは?

「計画通りにいかないのが人生。それでもある程度、自分の中でこの感触の時はこれくらいできるなっていうことをケガや病気を通して感じている。その経験値を生かして自分にリミッターをかけるというか。あんまりネガティブなものではなくて、ポジティブなリミッターをかける。氷上でのリミットをかけて、陸上でやれることをやるっていうようなことを、ちょっとずつ増やしている」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月22日のニュース