バックスが6連勝 東地区全体の単独首位に浮上 アデトクンボがトリプルダブルを達成

[ 2019年11月22日 15:21 ]

アンソニーをかわしてシュートに持ち込むバックスのアデトクンボ(AP)
Photo By AP

 NBAは21日に2試合を行い、バックスは地元ミルウォーキーでトレイルブレイザーズを137―129(前半72―58)で下して12勝3敗。6連勝を飾って、試合のなかったセルティクス(11勝3敗)を抜いて東地区全体の首位に浮上した。

 昨季MVPのヤニス・アデトクンボ(24)は24得点、19リバウンドと自己最多の15アシストをマーク。今季2度目(通算16度目)のトリプルダブルを達成してチームをけん引した。

 チーム最多の30得点を挙げたのはガードのエリック・ブレッドソー(29)で、前半と合計の得点はいずれも今季のチーム最多。第4Qの4分すぎに一時2点差まで詰め寄られたが、ブルック・ロペス(31)とウェズリー・マシューズ(33)の両ベテランが3点シュートを決めて突き放した。

 今季リーグ5位の平均28・6得点をマークしているデイミアン・リラード(29)を腰痛で欠くトレイルブレイザーズは5勝11敗。C・J・マッカラム(28)は37得点、契約して2試合目となったカーメロ・アンソニー(35)は29分の出場で18得点を記録したが3連敗を喫した。

 <21日の結果>

*バックス(12勝3敗)137―129トレイルブレイザーズ(5勝11敗)
ペリカンズ(6勝9敗)124―121*サンズ(7勝7敗)

 *はホームチーム

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月22日のニュース