紀平梨花がSPへ調整、4回転サルコーは跳ばずアクセル入念

[ 2019年11月22日 10:21 ]

<NHK杯初日>SPに向け練習する紀平梨花(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのGPシリーズ、NHK杯は22日、札幌市・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕する。午後4時55分に始まる女子ショートプログラム(SP)に向け、紀平梨花(関大KFSC)らが午前の公式練習で調整した。

 平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ、今季シニアデビューしフランス杯を制したアリョーナ・コストルナヤ(ともにロシア)と激突する今大会。紀平は23日のフリーで4回転サルコー挑戦を視野に入れるが、SPをにらんだこの日の練習では跳ばなかった。

 SP曲を流しての滑走ではトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒したものの、他にアクセルをクリーンに何度も着氷した。

 横井ゆは菜(中京大)は午後5時9分、山下真瑚(中京大中京高)は5時56分、コストルナヤは6時3分、ザギトワは6時9分、最終滑走の紀平は6時22分に登場する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月22日のニュース