渋野、愛との賞金差2430万円 2952万円以上になれば“終戦”

[ 2019年11月22日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 大王製紙エリエール・レディース第1日 ( 2019年11月21日    愛媛県エリエールGC松山=6580ヤード、パー72 )

18番でバーディーを奪った渋野
Photo By スポニチ

 賞金ランク3位・渋野と同1位・鈴木との差は約2430万円。渋野が優勝賞金1800万円の今大会と同3000万円の次週の最終戦LPGAツアー選手権を連勝しても、鈴木が2週連続単独2位なら逆転賞金女王はない。

 また最終戦は予選落ちがなく4日間、ラウンドすれば最低賞金の48万円を手にできる。そのため今大会後に鈴木と渋野の賞金差が2952万円以上となった場合は、最終戦を待たずに渋野戴冠の可能性はなくなる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月22日のニュース