松山 1番パー4で9…75と振るわず通算1アンダーの13位に後退 石川は3試合ぶりの予選通過

[ 2019年11月22日 16:19 ]

男子ゴルフツアー ダンロップ・フェニックス第2日 ( 2019年11月22日    宮崎県フェニックスCC=7027ヤード、パー71 )

<ダンロップフェニックス2日目>4番ロング、第2打でドライバーを手に2オンを狙う松山(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 男子ゴルフのダンロップ・フェニックスの第2ラウンドが行われ、松山英樹(27=LEXUS)は1番パー4で「9」を叩くなど4オーバー75と振るわず通算1アンダーの13位に後退した。

 池田勇太(33=フリー)と今平周吾(27=フリー)が通算5アンダーの首位に浮上。53位から出た石川遼(28=CASIO)は73で回り、通算5オーバーの49位で3試合ぶりの予選通過を果たした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月22日のニュース